海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケース

現在の日本の法律上、海外拠点のネットカジノでギャンブルを楽しんでも違法性が問われることは無く、もちろん逮捕される心配もありません。
それはネットカジノは、海外を拠点にし、サーバーも海外のものを使っていることから、日本の法律は適用されず、警察も動くことができないからです。

しかし場合によっては、海外のネットカジノでも違法性が認められて逮捕に至ることがあるのも忘れてはいけません。

そこで今回の記事では、海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケースについていくつかまとめてみました。
知らぬ存ぜぬは通用しませんので十分にご注意ください。

海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケース

ライセンスを持っていないネットカジノ

ネットカジノは誰でも簡単に運営できるわけではなく、事業として合法的に運営するためにはゲーミングライセンスを所持する必要があります。
ゲーミングライセンスはネットカジノが合法の国の政府機関より発行されますが、実際に所持するためには厳しい審査と費用が必要です。

正直なところ、ゲーミングライセンス発行にはそう簡単では無いため、許可を得ること無くネットカジノを運営している違法業者も多くいます。
そのような違法ネットカジノで遊ぶと、たとえ海外拠点のネットカジノであっても、プレイヤーも違法行為となります。

違法ネットカジノにお金が流れていくのですから当然のことです。
ネットカジノに登録する際には、ゲーミングライセンスを所持しているかどうかを必ず確認してください。

日本の胴元がいるネットカジノ

日本の賭博法により、国内でネットカジノを運営するのは違法行為であり、運営元はもちろんのこと、そのネットカジノで遊んだプレイヤーも違法となります。
問題なのはゲーミングライセンスを所持しているのにも関わらず、胴元が国内にいるというパターンです。

過去にドリームカジノというネットカジノがあり、キュラソー島のゲーミングライセンスを所持していましたが、胴元は日本人であり大阪を拠点にしていたのです。
その事実を知った警察が摘発に踏み切り、5人の胴元が逮捕されました。

このドリームカジノ事件で最も厄介なのが、プレイヤーはその事実を知らなったということです。
ドリームカジノのサイト内には、ゲーミングライセンス所持表記のほか、海外の住所が表記されており、大阪にあることを知らなかったのです。
ドリームカジノプレイヤーにとってはいい迷惑な話ですが、何も知らずに遊んでいたプレイヤーにも問題があります。

このようなトラブルに巻き込まれてしまわないためにも、拠点がハッキリしている大手ネットカジノを利用するべきです。

日本の胴元がいるネットカジノ

店舗型のインカジ店

同じネットカジノでも、店舗型と無店舗型の2種類があり、公営ギャンブル以外認めていない日本では店舗型のネットカジノは違法です。
俗に言う「インカジ店」と呼ばれる業態で、東京や大阪などの都市部の繁華街でよく見られます。

過去に幾度となくインカジ店は摘発されていることから、その違法性について多くの方が理解しているかと思います。

しかしインカジ店はわざわざアカウントを作らなくていいですし、その場で気軽に入出金できることから、違法とわかっていても足を踏み入れてしまう客が多くいます。
「賭博場を開帳してはいけない」としっかりと法律に書かれているのですから、グレーゾーンである無店舗型のネットカジノとは違い完全違法です。

インターネットカフェや漫画喫茶での利用には注意

インターネットカフェや漫画喫茶には、客が自由にインターネットへアクセスできるパソコンが設置されていますが、ここからネットカジノをプレイするのは止めておいた方が無難です。
違法というわけではありませんが、警察の解釈によっては、インターネットカフェや漫画喫茶が賭博できる場所を提供したと見なされる可能性があるからです。

その結果、インターネットカフェや漫画喫茶の経営者が逮捕され、もちろん客も単純賭博罪が適用される可能性もあります。
この可能性を危惧してか、最近では「当店でネットカジノへアクセスするのは禁止です」「パソコンを使ってギャンブルするのは禁止です」などと張り紙をしている店も出てきています。

ほとんど場合、インターネットカフェや漫画喫茶で違法性が問われることはありませんが、店に迷惑をかけてしまう恐れがある以上、ネットカジノにアクセスするのは止めておきましょう。

まとめ

まとめ

今回の記事では、海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケースについていくつかご紹介させていただきました。
国内からネットカジノで遊ぶことの違法性は無く、いわゆるグレーゾーンですので逮捕されることはありません。

しかしゲーミングライセンスを持たない違法ネットカジノで遊んだり、日本に胴元のいるネットカジノで遊ぶのは違法行為です。
また店舗型のインカジ店は逃れようの無い違法行為であるため、絶対に足を踏み入れてはいけません。

ネットカジノの違法行為で逮捕されてしまった場合、「知らぬ存ぜぬ」は一切通用しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です