ルーレットの勝率を高める画期的な必勝法まとめ

ルーレットは完全運任せのカジノゲームであり、ポーカーやブラックジャックのようにテクニックは全く必要ありません。
だからこそ重要なのがシステムベットと呼ばれる必勝法を使い、効率よく確実な収益を出し続けることが大切です。

ルーレットの必勝法を駆使することで、理論的にはほぼ確実に勝つことはできますが、資金面やオンラインカジノのルールにより、失敗に終わってしまうこともあります。
今回の記事で、ルーレットの勝率を大幅に高める画期的な必勝法をまとめていますが、必勝法を駆使する際には、必ず勝ち逃げと損切りタイミングを決めておきましょう。
マイルールを決めた上、これら必勝法を正しく実践してください。

マーチンゲール法

マーチンゲール法
マーチンゲール法とは、負けたら次ゲームで倍をベットし続けるルーレットの必勝法で、数多くある必勝法の中で最も有名で世界的に知られています。
いわゆる「倍プッシュ」と呼ばれる必勝法で、利益こそ少ないですが、理論的には確実に勝つことができます。

やり方はとっても簡単で、例えば最初に1ドルをベットして負けた場合、次ゲームでは2ドルをベットします。
その後も負ける度に4ドル、8ドル、16ドル、32ドル…と倍プッシュしていき、途中で予想が的中することで、最初にベットした金額分の利益を獲得できます。

マーチンゲール法が使えるのは配当2倍の箇所のみで、赤黒や偶数奇数、ハイ&ローのいずれかで実践しなければいけません。
このようにやり方はとってもシンプルですので、初心者向けの必勝法と言えますが、連敗が続くことを考え、十分な資金を用意しておく必要があります。

ココモ法

ココモ法は、損失分の回収と利益も出せるルーレットの必勝法で、基本的には配当3倍になる箇所で効果を発揮します。
マーチンゲール法の場合、どこで的中しても最初にベットした金額分の利益しか得られませんが、ココモ法でしたら、連敗が続くことで少しずつ的中した時の利益が増えていくのが特徴です。

やり方もちょっとだけ複雑になり、「前ゲームと前々ゲームのベット金額を足した金額を次ゲームでベット」となります。
例えば1ドルからスタートして負けた場合、2ゲーム目も1ドル、そして3ゲーム目は1ドル+1ドルで2ドル、4ゲーム目は1ドル+2ドルで3ドル、その後も同じように5ドル、8ドル、13ドル、21ドルと増やしていきます。

マーチンゲールの倍プッシュでは無いため、ベット金額の増加はやや緩やかになりますが、それでも連敗が続けば大きな負担になってきますのでご注意ください。

ベアビック法

ベアビック法
ベアビック法は、理論上ではありますが、勝率94.59%という驚異的な確率で的中するルーレットの必勝法で、ヨーロピアンルーレットが対象となります。
ちょっと面倒くさいですが、36個+0の箇所、合計37箇所のうち35箇所に同額をベットするのが、ベアビック法のやり方です。
つまりほとんどのマスを埋めることになるため、必然的にほぼ確実に的中し、ストレートベットの配当である36倍を受け取ることができます。

確率論的に94.59%はかなり長く続くもので、10連続程度でしたら普通に可能です。
デメリットとして、ベットに時間がかかること、また的中しても1箇所にベットした金額分しか回収されないこと、そして予想が外れたら一度に大量の資金を失うことです。

それでも35/37ですから、止め時さえきちんと決めておくことで、ほぼ確実に勝てる必勝法と言っても過言ではありません。

逆マーチンゲール法

逆マーチンゲール法
逆マーチンゲール法は、別名パーレー法とも呼ばれており、その名の通り「逆」のマーチンゲール法で勝利を掴むルーレットの必勝法です。
マーチンゲール法の場合、負けたら倍プッシュですが、逆マーチンゲール法では勝ったら倍プッシュを続けます。
勝つまで倍プッシュを続けて少額の利益を出すマーチンゲール法とは異なり、負ける直前まで倍プッシュを続けて多額の利益を出すのが逆マーチンゲール法です。

逆マーチンゲール法で大切なのは、「◯連勝したらリセットする」というマイルールを決めておくことです。
連勝が続けば続くほど利益が大きくなることから、「次勝てばもっと稼げる」という欲求が生まれてしまいますが、それをグッと堪える必要があります。

せっかくの利益を台無しにしてしまわないためにも、きちんとマイルールを決めておくようにしましょう。

まとめ

今回は、ルーレットの勝率を大幅に高める画期的な必勝法を4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
倍プッシュで確実な利益を出す「マーチンゲール法」、損失回収と同時に利益を出す「ココモ法」、勝率94.59%を誇る「ベアビック法」、勝てば勝つほど利益が莫大になる「逆マーチンゲール法」など、ルーレットには効果的な必勝法が数多くあります。

確かにルーレットは運に左右されるカジノゲームではありますが、これら必勝法を使うことで、運を味方につけることも十分に可能です。
ルーレット初心者でもとっても簡単に実践できる必勝法ばかりですので、オンラインカジノのルーレットへアクセスした際には是非チャレンジしてみてください。

海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケース

現在の日本の法律上、海外拠点のネットカジノでギャンブルを楽しんでも違法性が問われることは無く、もちろん逮捕される心配もありません。
それはネットカジノは、海外を拠点にし、サーバーも海外のものを使っていることから、日本の法律は適用されず、警察も動くことができないからです。

しかし場合によっては、海外のネットカジノでも違法性が認められて逮捕に至ることがあるのも忘れてはいけません。

そこで今回の記事では、海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケースについていくつかまとめてみました。
知らぬ存ぜぬは通用しませんので十分にご注意ください。

海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケース

ライセンスを持っていないネットカジノ

ネットカジノは誰でも簡単に運営できるわけではなく、事業として合法的に運営するためにはゲーミングライセンスを所持する必要があります。
ゲーミングライセンスはネットカジノが合法の国の政府機関より発行されますが、実際に所持するためには厳しい審査と費用が必要です。

正直なところ、ゲーミングライセンス発行にはそう簡単では無いため、許可を得ること無くネットカジノを運営している違法業者も多くいます。
そのような違法ネットカジノで遊ぶと、たとえ海外拠点のネットカジノであっても、プレイヤーも違法行為となります。

違法ネットカジノにお金が流れていくのですから当然のことです。
ネットカジノに登録する際には、ゲーミングライセンスを所持しているかどうかを必ず確認してください。

日本の胴元がいるネットカジノ

日本の賭博法により、国内でネットカジノを運営するのは違法行為であり、運営元はもちろんのこと、そのネットカジノで遊んだプレイヤーも違法となります。
問題なのはゲーミングライセンスを所持しているのにも関わらず、胴元が国内にいるというパターンです。

過去にドリームカジノというネットカジノがあり、キュラソー島のゲーミングライセンスを所持していましたが、胴元は日本人であり大阪を拠点にしていたのです。
その事実を知った警察が摘発に踏み切り、5人の胴元が逮捕されました。

このドリームカジノ事件で最も厄介なのが、プレイヤーはその事実を知らなったということです。
ドリームカジノのサイト内には、ゲーミングライセンス所持表記のほか、海外の住所が表記されており、大阪にあることを知らなかったのです。
ドリームカジノプレイヤーにとってはいい迷惑な話ですが、何も知らずに遊んでいたプレイヤーにも問題があります。

このようなトラブルに巻き込まれてしまわないためにも、拠点がハッキリしている大手ネットカジノを利用するべきです。

日本の胴元がいるネットカジノ

店舗型のインカジ店

同じネットカジノでも、店舗型と無店舗型の2種類があり、公営ギャンブル以外認めていない日本では店舗型のネットカジノは違法です。
俗に言う「インカジ店」と呼ばれる業態で、東京や大阪などの都市部の繁華街でよく見られます。

過去に幾度となくインカジ店は摘発されていることから、その違法性について多くの方が理解しているかと思います。

しかしインカジ店はわざわざアカウントを作らなくていいですし、その場で気軽に入出金できることから、違法とわかっていても足を踏み入れてしまう客が多くいます。
「賭博場を開帳してはいけない」としっかりと法律に書かれているのですから、グレーゾーンである無店舗型のネットカジノとは違い完全違法です。

インターネットカフェや漫画喫茶での利用には注意

インターネットカフェや漫画喫茶には、客が自由にインターネットへアクセスできるパソコンが設置されていますが、ここからネットカジノをプレイするのは止めておいた方が無難です。
違法というわけではありませんが、警察の解釈によっては、インターネットカフェや漫画喫茶が賭博できる場所を提供したと見なされる可能性があるからです。

その結果、インターネットカフェや漫画喫茶の経営者が逮捕され、もちろん客も単純賭博罪が適用される可能性もあります。
この可能性を危惧してか、最近では「当店でネットカジノへアクセスするのは禁止です」「パソコンを使ってギャンブルするのは禁止です」などと張り紙をしている店も出てきています。

ほとんど場合、インターネットカフェや漫画喫茶で違法性が問われることはありませんが、店に迷惑をかけてしまう恐れがある以上、ネットカジノにアクセスするのは止めておきましょう。

まとめ

まとめ

今回の記事では、海外のネットカジノでも日本でプレイすることで違法となるケースについていくつかご紹介させていただきました。
国内からネットカジノで遊ぶことの違法性は無く、いわゆるグレーゾーンですので逮捕されることはありません。

しかしゲーミングライセンスを持たない違法ネットカジノで遊んだり、日本に胴元のいるネットカジノで遊ぶのは違法行為です。
また店舗型のインカジ店は逃れようの無い違法行為であるため、絶対に足を踏み入れてはいけません。

ネットカジノの違法行為で逮捕されてしまった場合、「知らぬ存ぜぬ」は一切通用しません。

ベラジョンカジノを無料で遊ぶ方法

ベラジョンカジノを無料で遊ぶ方法
ベラジョンカジノはお金を賭けないデモモードと、初回登録時に貰えるボーナスを利用すれば無料で遊ぶことができます。

無料ボーナスで勝ち続ければ、出金できる可能性もあり、大きな魅力となっています。

ただし、複数のアカウントを作って、不正に稼ごうとする行為は厳禁で、アカウント停止の原因になるため注意が必要です。

あくまで、正攻法で勝利を目指す必要があり、無料で遊んで出金を目指すのにもコツがいるのです。

登録ボーナスを利用し無料で遊ぶ

ベラジョンカジノは、信頼性の高いオンラインカジノで、ユーザー重視の運営を行っています。

特に無料で遊べる範囲も広く設定されていて、新規ユーザーが入りやすくなっています。

デモモードは、ベラジョンカジノのゲームを無料で遊ぶことができるのが特徴です。

ベラジョンカジノは、実際にお金を賭けることのできるオンラインカジノですが、どんなゲームがあるのかわからないままでは不安が募りやすくなります。

実際にゲームを無料で遊べる状態を作れば、その不安を減らすことができます。

ゲームを遊んで、勝てるイメージが湧いてから、入金を検討できるのは大きなメリットです。

また、ベラジョンカジノは、登録時に貰える無料ボーナスも存在します。

ボーナスを利用すれば、お金を失う心配をせずにゲームをプレイできます。

勝利すればそれだけボーナスも増え、条件をクリアすれば出金が可能になるのも特徴です。

無料で登録したカジノで、お金を貰える可能性があるのです。

ただし、貰えるボーナスが限られるため、出金のハードルが高いことには注意が必要です。

ボーナスは出金条件をしっかりチェック

ボーナスは出金条件をしっかりチェック
ボーナスを使った出金を目指す場合は、出金の条件まで確認する必要があります。

これは無制限にボーナスが出金できるようであれば、オンラインカジノが赤字になってしまうためです。

ゲームを繰り返し遊ぶことや、不正に近い賭けをしないことなどが条件になってきます。

ゲームを繰り返し遊ぶ必要があるのは、一回の大当たりで勝ち逃げをされるとオンラインカジノが困るからです。

多くのオンラインカジノは、ボーナスの出金条件に「ボーナスの金額の○倍はベットをすること」を条件に入れています。

ベット条件を入れなければ、さまざまなオンラインカジノのボーナスを利用し、初回で大きな賭けをして負けたら二度と遊ばず、勝ったら出金して二度と遊ばないといった使い方ができてしまいます。

優遇をし過ぎれば、オンラインカジノ業界全体にとって、マイナスになる可能性があるため、ある程度制限を設ける必要があるのです。

また、ボーナス受取の条件に、一度にベットできる金額や、特定のゲームしか遊べない制限をつけることもあります。

スロットのジャックポット機など、無料ボーナスで一攫千金が求められる状態になると「掛け金の一部を保留し、一気に還元する」という仕組みが成り立たなくなる可能性もあります。

出金条件は変わることもありえるため、必ず出金条件を確認した上でプレイをすることが大切です。

「ルーレットの赤と黒に賭ける」など、ほとんど負ける確率がない賭け方をするのもNGです。

あくまでフェアにゲームを行い、勝利する必要があります。

また、ボーナスには期限があることも一般的なため、期限の確認も重要です。

期限を過ぎるか条件を無視した場合、ボーナスは没収されます。

出金を目指さなければ、自由度も高く、ベラジョンカジノは遊べるゲームが多いです

もっと出金のハードルを下げたい場合は、入金してのプレイが視野に入ります。

複数アカウント作成など不正に厳しい

ベラジョンカジノの無料ボーナスは魅力的なため、何度も受け取れないかと考える人もいるかもしれません。

結論から言えば、絶対にやってはいけません。

ベラジョンカジノは、お金を扱う関係上、不正に対して非常に厳しい措置を行います。

複数のアカウントを作って不正にボーナスを受け取ろうとすれば、アカウント凍結など厳しい措置を受けてしまうのです。

ベラジョンカジノの出金時には、身分証明書の提出など本人確認が必要になるため、不正を行おうとしてもバレてしまいます。

本人名義以外で登録する、他人のクレジットカードを使うといった不正行為も当然NGで、あくまで正攻法で攻略を目指す必要があります。

無料ボーナスを使い切っても、入金ボーナスや各種プロモーションなどでボーナスを受け取るチャンスが多いのがベラジョンカジノです。

遊ぶほど貰えるボーナスなどもあるため、無料にこだわらずに遊ぶのも方法です。

ノーリスクで稼げる確率は低い

ノーリスクで稼げる確率は低い
ベラジョンカジノはデモモードで無料で遊ぶことも、無料ボーナスで出金を目指すこともできます。

ただし、無料ボーナスを活用する場合は出金条件をチェックし、うまく立ち回る必要があります。

完全無料で勝利を収め、出金するハードルは非常に高いのです。

無料ボーナスだけで出金するハードルは高くても、入金ボーナスなども使えばチャンスは増やせます。

無料ボーナスは、あくまで補助と考えるのがおすすめで、自由に動いた方が楽しめることも多いのです。

軍資金を用意して賭けた方が、効率良く稼げます。

伝統的なカジノ攻略法モンテカルロ法

カジノは、多くのギャンブラーがその攻略を目指して、より勝ちやすく、それでいてイカサマにならない正当な手法が数多く開発されてきました。
その中でもモンテカルロ(モナコ)のカジノを潰すほど勝ちを重ねた攻略法として、一躍世界的な知名度を得た攻略法があります。
それが今回紹介するモンテカルロ法です。

伝統的なカジノ攻略法モンテカルロ法
モンテカルロ法とはどのような攻略法なのか、そして利用できるオンラインカジノのゲームはどんなものがあるのか、更にモンテカルロ法の運用方法についてもまとめました。
モンテカルロのカジノを潰したという伝説の攻略法はどんな手法なのか、ぜひお読みください。

モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法とは
モンテカルロ法は、数字を使ってベットする金額を決めていく攻略法です。
具体的には、1、2、3の数字を基準にゲームを行い、負けるごとにその数字の列の右に直前のゲームでベットした金額の数字を足し、勝つたびに左右両端の数字を2文字ずつ削っていきます。
本来カジノでプレイする場合は、メモをディーラーの目の前で用意できないため、この複雑な数字の操作を頭の中で行い、記憶力が要求される攻略法でした。

しかし、オンラインカジノでは、メモを用意しても誰も文句を言わないので、むしろオンラインカジノのために開発されたような攻略法といえます。
もう少しかみ砕いてこの攻略法を紹介していきましょう。
モンテカルロ法を行うタイミング、ベットする金額、負けた場合に行うこと、勝った場合に行うこと、モンテカルロ法を中止するタイミングの5つに分けて説明します。

まずモンテカルロ法を行うタイミングは、最初のゲームに負けたタイミングです。
最初から勝ったのであればそもそも攻略法を用意する必要はありません。

次にベットする金額(ドルとします)は、先ほど紹介した1、2、3の数字をメモに書き、数列の両端の数字を足した金額をベットしましょう。
この場合は1と3が両端なので4ドルをベットします。

ゲームに負けたタイミングで、右端へ直前に賭けた4の数字を記入します(1、2、3、4)。

反対にゲームに勝った場合は、数列の両端の数字を2文字ずつ削りますが、この場合は1~3しかないため全ての数字を削ります。

モンテカルロ法をやめるタイミングは、メモした数字がなくなった場合や数字が1つだけになったケースです。

そしてゲームを続ける場合は、再びベットしてゲームを行いましょう。
そのゲームでもし負けたら、またモンテカルロ法を利用することを続けます。
これによってどんどん勝ちを重ねて効率よく儲けを出すことができるという攻略法です。

モンテカルロ法が有効なゲーム

モンテカルロ法が有効なゲーム
モンテカルロ法が有効なオンラインカジノのゲームは、3倍配当で30%程度の勝率が期待できるゲームです。
具体的にはルーレット、バカラ(3倍配当)が主なゲームといえます。
ルーレットはコラムと言われる数字の表の横一列全てに賭ける方法や3分割されたブロックごとに賭けるダズンと言った賭け方が挙げられます。

またバカラも3倍配当のケース、2to1というベット方式で有効です。
こういったケースでは、先ほど紹介したモンテカルロ法の基本的な方法で、損失分を回収して利益を期待することができます。

また、2倍配当でも利用できるケースがあります。
それはブラックジャックやバカラの2倍配当です。

こういったゲームで行うモンテカルロ法を紹介しましょう。
こちらも使用するタイミング、ベットする金額、負けた場合のアクション、勝った場合のアクション、モンテカルロ法を中断するタイミングに分けて紹介します。

使用するタイミングは、3倍のケースと同じく負けたタイミングです。
これは共通しています。

次にベットする金額(ドルとします)も同じく両端の数字を足したものです。
例えば、1、2、3であれば1+3で4ドルを賭けます。

負けた場合のアクションは、3倍と同じく右端へ直前にベットした金額を書きます。
この場合4を記載する形です(1、2、3、4)。

勝った場合は、両端の数字を「1」つずつ消します。
この点が3倍ゲームとは大きく異なるので注意してください。
例えば、1、2、3であれば1と3のみ削ります。
ただ、1敗目は3倍ゲームも2倍ゲームも中断するタイミングが同じです。

中断するタイミングも3倍ゲームの場合と同じく、数列の数字が1つだけになったタイミングか、全て消えたタイミングです。

このようにほとんど3倍のケースと同じですが、中断するまでにかかるゲーム数が3倍よりも多いという特徴があります。

これは勝っても2倍しか配当が得られないので、損失回収まで時間がかかるというのがその理由です。
多くの攻略法は、3倍あるいは2倍のいずれかにしか対応できません。

しかしモンテカルロ法は、応用によって両方に対応できるという強みを持っているのも特徴です。
モンテカルロ法が終わったタイミングで利益が確保できているという意味で、オンラインカジノでもかなり有効な攻略法といえます。
一度お試しください。

悪質なオンラインカジノを見極めるポイント

悪質なサイトに引っかからないために

悪質なサイトに引っかからないために

オンラインカジノは日本でも人気が高まりつつありますが、業界としての規模はそれほど大きくないのが実状です。
海外ではカジノそのものが合法化されており、怪しげな業者が参入しにくい体制が構築されているわけです。
海外ではオンラインカジノは健全なエンターテイメントとして認知されており、テレビCMなどにも度々登場しています。

一方、カジノに対する規制が緩い国もあり、悪質なオンラインカジノが存在するのも事実です。
そのようなカジノサイトは不正なゲームソフトを使って、ゲームの内容そのものを操作したりします。
なかには、プレイヤーが勝利金を獲得しても支払わなかったり、いつの間にかサイト自体が閉鎖されてしまうケースもあります。
それ故、そのような悪質なサイトに引っかからないために、怪しいオンラインカジノを見極めるコツ知る必要があります。

勝利金の支払いが遅い

悪質なオンラインカジノは、程度は違いますが様々な特徴を持っています。
最初こそ新規登録を促すために、ボーナス特典などあの手この手で勧誘しようとします。
但し一度入会してからは、問い合わせに返事がなかったり遅かったりするものです。
悪質なサイトで最も顕著なのが、勝利金の支払いが遅くなるケースです。

サイトによっては何かと理由をつけて、勝利金を支払わないこともあります。
そしてクレームを送り続けと、突然アカウントが凍結されて、問い合わせに一切応じなくなります。
また、オンラインカジノにはボーナスの出金条件といものがあり、それをクリアしないと勝利金は出金できないシステムとなっています。
悪質なサイトではボーナス条件をも悪用して、プレイヤーに出金させないわけです。
ボーナスの出金条件は「利用規約」に明文化されるものなので、それが無いオンラインカジノは避けるべきだと言えます。

そもそも日本での運営は違法

悪質なオンラインカジノには、そもそも日本での運営が違法となるサイトも含まれています。
そのなかには、実際には日本国内で運営されながら、海外に拠点を置いていた例もあります。

「スマートライブカジノ事件」では、無店舗型のネットカジノで賭博行為をしていた、3人の利用者が逮捕されています。
カジノサイトはイギリスに拠点を置いていましたが、日本人ディーラーによる日本人相手の違法賭博として警察は立件しています。
同サイトは会員制で、ブラックジャックなどのゲームをオンラインで配信していました。
決済にはクレジットカードが使われ、プレイヤーはネット中継された画面から参加しています。
スマートライブカジノではチャット機能も備わっており、警察はチャットの書き込みから逮捕者を割り出したわけです。

不正なゲームソフトを使用

不正なゲームソフトを使用

悪質なオンラインカジノには、程度の差こそあれ様々な特徴があります。
ゲームソフトを提供するプロバイダーに関しても、一部のプロバイダーは不正なソフトを提供していると言われます。
不正なソフトには正式なライセンスを取得していない、コピーされたゲームソフトなども含まれます。
悪質なカジノサイトは正規プロバイダーと契約できないので、そうした不正ソフトを使うわけです。

そうしたサイトでは個人情報の管理もずさんで、しばしば個人情報が流出したりします。
場合によっては、登録したクレジットカード情報が盗まれることもあります。
オンラインカジノを合法に運営するには、カジノが合法化されている国が発行するライセンスが必要です。
その際には、運営者に対する身元調査など厳格な審査がなされます。
即ち、ライセンスの無いオンラインカジノは、運営者の身元が不明で、信用性が低いと言えます。

サイトの情報が古い

悪質なオンラインカジノの特徴の一つが、サイトに掲載されている情報が古いことです。
サイトには運営者情報や利用規約など、様々な重要な情報が記載されるのが通例の姿です。
特にオンラインカジノはキャッシュのやり取りがなされるので、厳格な管理が求められます。
規約に何か変更があれば、直ちにサイト上に反映されなければなりません。
仮に新たな更新がなされていなくても、情報として最新であることが誰の目にも明らかになっている必要があります。

一方、悪質なサイトは情報の記載を逆手に取って、ユーザーに分かりにくくサイト上に載せたりします。
例えばボーナスの出金条件などで、複雑な条件を押し付けたりします。
なかには、ユーザーのちょっとしたミスを取り上げて、賞金を没収するケースも見られます。

運営期間の長さ

運営期間の長さ

悪質なオンラインカジノを見分ける一番のポイントは、運営期間の長さです。
悪質なサイトは直ぐにネット上に評判が伝わるので、長く運営することはできないものです。
確かに、新規オンラインカジノのなかで、信頼できるサイトも含まれています。

しかし初心者には見分けがつかないものなので、先ずは実績のあるサイトからゲームに参入するのが安心だと言えます。
信頼性の高いサイトは、運営会社が証券市場の上場会社だったりします。
そうしたオンラインカジノは、第三者機関の監査も受けているので、安心してプレイできるわけです。

日本に門戸を広げるに足るサービスの充足度

日本に門戸を広げるに足るサービスの充足度
既にオンラインカジノを楽しんでいる人も多く、日本人プレイヤーも増えてきています。
様々なオンラインカジノ業者が日本市場を意識し、日本語サポートを用意してくれていることで、さらに日本人ユーザーにとって利便性の高いコンテンツとなっているなど、好循環が続いているオンラインカジノ。
一方で、まだまだオンラインカジノを楽しんだことがないという人、あるいはこれから楽しもうと考えている人も多いのではないでしょうか。

話題になっているからこそ、「始めてみようかな」という気持ちになっているユーザーが多いのもよく分かる話ではありますが、これからオンラインカジノをと考えているユーザーにとって、オンラインカジノは少々ハードルの高いサービスとの印象を持っている方もいるようです。

オンラインカジノの登録は難しい?

オンラインカジノの登録は難しい?
オンラインカジノのプレイそのものは決して難しくはないという事は、多くのユーザーが理解しているのではないでしょうか。
ゲームそのものはオンラインカジノだけではなく、スマホアプリなどでも楽しめるものもあります。
トランプを使ったゲームや、スロットなど日本人ユーザーにも馴染みのあるものは珍しくありません。

しかし、登録に関しては「ハードルが高い」と感じている人も多いようです。
確かに、オンラインカジノに限らずどのようなサービスであれ、登録に関して面倒くささを感じてしまう人は珍しくありません。
わざわざ名前やメールアドレス等を入力し、返信を待ってさらに…という流れは、難易度の高さよりも面倒くささが勝ってしまうもので、おかげで「こんな面倒ならいいや」という気持ちになってしまう人もいることでしょう。

オンラインカジノの登録は、基本的にはメールアドレスさえあればすぐにでも可能です。
ギャンブルはどの国でも未成年は禁止されていますので、年齢制限に引っかかっていないのか、年齢確認を行わなければなりませんが、こちらもスマートフォンから撮影したものを出すだけで良いので、わざわざ書類を提出する必要もありません。
その点ではオンラインカジノへの登録は、決して思われている程面倒なものではないことが分かります。

オンラインカジノへの登録だけではない

オンラインカジノへの登録だけではない
オンラインカジノを楽しみたい場合、オンラインカジノへの登録だけではなく、送金サービスにも登録することになります。
オンラインカジノのアカウントを作成したら、作成したアカウントに入金しなければなりませんし、オンラインカジノで遊んで勝利した額を自分が手にする場合は出金しなければなりません。
これらの入出金は、日本国内の銀行口座から直接できるオンラインカジノはほとんどありませんので、送金サービスに登録した上で送金サービスを介すことで入出金を可能にします。

送金サービスの登録も本人確認が必要ではありますが、こちらも書類を出すわけではなく、スマートフォンのカメラから可能なので、決して難しいものではないことが分かるのではないでしょうか。
しかしながら、オンラインカジノを楽しみたいと思っていたプレイヤーにとっては、オンラインカジノだけではなく「もう一つ登録しなければならないのか」という意識が、「面倒」「ハードルが高い」という気持ちになってしまうのでしょう。

特に送金サービスそのものが、日本人にとってはなじみの薄いものなので、「そもそも送金サービスが安全なのか」という疑問もあることでしょう。
結果、「よく分からないし面倒くさいから」とオンラインカジノの登録を断念しているプレイヤーも決して珍しくはありません。

実際は決して面倒なものでもありません

オンラインカジノよりもむしろ送金サービスに対して違和感があるプレイヤーが多いようですが、送金サービスは決しておかしなものではありません。
当然ですが違法性などありませんし、オンラインカジノだけではなく、他のサービスにも活用できますし、特に異国に送金する機会がある方の場合、有意義に活用できるサービスなので、登録しておくのも良いのではないでしょうか。

確かにイメージ的な面から、「面倒」と感じてしまうのも分からない話ではありません。
オンラインカジノや送金サービスの双方共、決して登録は難しいものではありませんし、ましてや怪しいものでもありません。
裏を返せば、これら二つを始めに登録するだけで、後はオンラインカジノを自由に楽しめると考えたら、決して「とても面倒なもの」ではないことが分かるはずです。

まとめ

これからオンラインカジノを楽しみたいプレイヤーでも、簡単にオンラインカジノを開始することができると分かっていただけたのではないでしょうか。
オンラインカジノ、送金サービスに登録し、送金サービスを通してオンラインカジノのアカウントに軍資金を入金すれば、後は自由にオンラインカジノを楽しめますし、勝利をおさめた際にも送金サービスで自らの口座に出金するだけなので、決して難しいものではないことが分かるはずです。

慎重な遂行が必要となる攻略法

モンテカルロ法はオンラインカジノで特に活用できるベット術ですが、初心者にとっては「ハードルが高い」「難しい」といったイメージが強いのではないでしょうか。
それもそのはず、モンテカルロ法は上級者であってもメモを取りながら実践している程。
頭の中だけで考えるのがとても難しいことから、初心者が敬遠しがちではあるのですが、原理を覚えれば、オンラインカジノでも力強い「味方」となってくれることでしょう。

そこで、モンテカルロ法についてどのような手法なのか、様々な点からチェックしてみました。

モンテカルロ法が難しいとされている理由

モンテカルロ法が難しいとされている理由

モンテカルロ法が難しいものだと思われている理由に法則の難しさがあります。

例えばマーチンゲール法であれば負けたら負けた分を加算してベットしていくだけです。
規則正しい法則ですし、シンプルなので頭の中だけでも十分に計算できることでしょう。
シンプルでありながら敗北分の回収+利益を狙える手法であることから、初心者から上級者まで幅広く支持されているベット術なのですが、モンテカルロ法の場合少々複雑です。

モンテカルロ法はまずは1から3までを並べます。
≪1、2、3≫
初期状態は上のようになるかと思いますが、モンテカルロ法は両端の数字を加算した数字、この場合であれば「4」をベットします。
勝利した場合には両端の数字を消し、負けた場合には端にベットした数字を加えます。

勝利時…2
敗北時…1、2、3、4

となります。

数字が1個、あるいは0個になればワンセット終了になりますので、「2」だけが残っている上の状態は終了となります。
しかし、敗北した場合は次のゲームでは両端の1と4を足した5をベットします。
その際の勝利と敗北は以下になります。

勝利時…2、3
敗北時…1、2、3、4、5

勝利時の次のベットは2と3を足した5、敗北時は1と5を足した6となります。

勝利時、次のゲームでも勝利すれば数字がなくなりますのでモンテカルロ法はワンセット終了となりますが、敗北した場合にはベットした6を足しますので、2、3、6となります。

このように、勝ち負けを繰り返していくと数列が複雑になります。
これらをすべて頭の中だけで考えるとなると、簡単ではないでしょう。
負け続ければ規則的に数字が増えていくだけなのですが、負けと勝利を繰り返せば繰り返すほど、数字のランダム性が強まり、頭の中だけで把握することが難しくなっていくのではないでしょうか。
その点から、初心者はどうしても「難しい」となってしまうのでしょう。

モンテカルロ法はメモを取りながらでも問題なし

モンテカルロ法はメモを取りながらでも問題なし

確かにモンテカルロ法の法則性は難しいです。
頭の中だけで把握しようと思うと、もはやベットそのものよりも「正しくモンテカルロ法をこなさなくては」との思いになるのでオンラインカジノどころではないでしょう。

しかし、モンテカルロ法を駆使する際にはメモ帳を取ることをお勧めします。
実際のカジノであれば恥ずかしいかもしれませんが、オンラインカジノであれば誰かに見られている訳ではありません。
メモ帳、あるいは表計算ソフト等を駆使して記憶しておくことで、モンテカルロ法の難しさを自己負担する必要性がなくなります。
そもそも、メモを取りながらオンラインカジノを行ってはならないとのルールなどありませんので、慣れていないうちは…ではなく、慣れてからもメモを取りながら行うと良いでしょう。

モンテカルロ法は初心者・上級者を問わず、勝ち負けを繰り返せば繰り返すほどに暗記することが難しくなっていくものです。
なので、モンテカルロ法を正確にと思ったらメモを取っておいた方が良いのは言うまでもありません。長期戦になればなるほど、暗記ではどうにもならなくなります。
仮に適当なベットをした場合、モンテカルロ法ではなく「気分によるベット」になってしまいますのでむしろメモを取りつつ、正確に行った方が良いでしょう。

モンテカルロ法の注意点

モンテカルロ法の注意点

メモを取りながらであれば、決して難しいものではないモンテカルロ法ですが、注意点としては先に紹介したものはイーブンベットの手法で、3分の1のものの場合、勝利した際には両端2つずつ数字を消すことになります。

また、勝ち負けを繰り返していくので時間がかかります。
数字が消える、あるいは1つになってモンテカルロ法の終了となるのですが、それまでに想像以上に時間がかかってしまうケースもあります。
時間がかかると「自分が間違っているのではないか」と思ってしまうかもしれませんが、誰が行ったとしても長くなる時は長くなりますので心配無用です。

まとめ

モンテカルロ法はメモを取りながらでも良いものなので、メモを取りながら正確に行えば決して難しいものではありません。
むしろどのような手順のかで気を使うこともありませんので、ゲームに集中できるのではないでしょうか。
その点ではモンテカルロ法は決して「初心者には難しい」ものではありませんので、メモを取りながらためしてみてはいかがでしょうか。

連敗することも織り込み済みな攻略法

ココモ法は長期戦につながる場合もある

ココモ法は長期戦につながる場合もある

ココモ法を続ければ確実に勝てる状況は作れますが、ココモ法の弱点は長期戦につながる可能性がある点です。
すぐに勝てるようならいいですが、何度も負け続けると精神的には厳しいと感じてしまいます。
精神的な余裕を持って続けないと、ココモ法は失敗するリスクが高くなってしまうのです。

ココモ法の弱点として、長期戦につながる連敗が続く可能性もあります。
大半の場合、ココモ法は3倍で実施するケースが多いため、いつの間にかかなりの連敗が続いており、大きな損失も同時に計上している場合があります。

ココモ法でもすぐに勝てない場合もある

ココモ法は勝つまで続ける方針を採用しているため、負け続けている場合はとにかく勝つまでお金を投じなければなりません。
ココモ法のプレイ回数を減らしたい気持ちはわかりますが、ココモ法は負け続けているなら常にゲームを続ける必要があるため、どうしても長期戦につながる可能性があるのです。
その結果、予想以上に時間がかかってしまい、ココモ法が終わったら1時間以上が経過している可能性もあるのです。

長く時間が過ぎている場合があるのは、ココモ法で連敗が続きすぎた場合です。
マーチンゲール法でも連敗はかなり続いてしまうのですが、改良された攻略法であるココモ法も連敗が続く可能性はあります。
中には15連敗を超える状況も訪れるため、なかなかゲームで勝てないつらさを感じてしまうでしょう。
同時にココモ法で投じるお金はどんどん増えていくため、かなり多くの金額を使っている場合があります。
あまりお金を支払いたくないなら、何とかして勝たなければなりません。

ココモ法の弱点はとにかく連敗が続く可能性があることです。
多くの連敗を続けていると、将来的にかかる時間が増えてしまうほか、オンラインカジノで長くプレイしていることの負担がのしかかります。
短時間で終わる攻略法だと考えずに、とにかく長く勝負をする攻略法として考えたほうがいいかもしれません。
特に長期的な連敗が続いてしまう場合には、勝つまで続けるという意思をしっかりと持ち、確実に利益を得られるようにゲームを続けてください。

連敗が続くと精神的にも厳しくなっていく

連敗が続くと精神的にも厳しくなっていく

ココモ法を利用して勝負をしている時、最初は連敗が続いているとむしろうれしいと感じるかもしれません。
何故なら連敗が続いていることにより、どんどん配当が増える可能性を持っているからです。
配当が増えてくれれば、最終的に得られる利益は増加します。
連敗している場合は、どんどん使っていくお金が増えるため、初期投資に使っている金額をすべて回収し、更に多くの利益を確実に確保できます。
ココモ法は連敗することにメリットがあるのです。

しかし、連敗が続いてしまうと流石に精神的に厳しいと感じてしまいます。
理由は精神的に持たないような連敗地獄に突入すると、お金の面で厳しいと感じるからです。
まず残しているお金でココモ法を終わらせられるのかわからなくなります。
ココモ法は成功させなければ負け分を回収できないため、場合によっては相当なお金を必要とします。
間違ってもかなりのお金を必要とする状況で、所持金がほとんどない状況は避けなければなりません。

連敗が続いてしまうとリスクが高まってしまうココモ法は、決してメリットばかりではありません。
精神的に強さを求められる方法として考えなければなりません。
どうしても連敗地獄が続きそうな場合は、多くの資金を投じておいた方がいいでしょう。
ある程度の資金を投じてココモ法を成功させるまで続けるようにしないと、失敗する可能性があるのです。
大きな失敗を作らないために、そして精神的に厳しい状況を作らないためにもココモ法をしっかり考えておきましょう。

お金の面で余裕が出ると使いやすく感じることも

お金の面で余裕が出ると使いやすく感じることも

時間はしっかりと余裕を持って確保するように心がけていれば問題ありませんが、問題はお金の面で問題が生じる可能性を持っている点です。
ココモ法は連敗が続くと、1度の賭け金が50ドルを超えてしまう可能性があります。
100ドルくらいの資金では足りない場合も発生するので、お金が足りないような状況は作らないようにしましょう。
できれば200ドル以上の資金を確保したほうが安心できるため、まずは200ドル程度の軍資金を確保してください。

次に連敗が続いた時、残されている予算をしっかり確認しておきましょう。
予算が足りなくなっていた場合は、追加の入金をしてください。
ここで注意したいのがボーナスを受け取らないことです。ボーナスはルーレットで使えない可能性があるため、オンラインカジノによってはボーナスでココモ法を続けられなくなります。
更に出金できない問題が発生し、何度もココモ法を続ける可能性があります。

お金の余裕をしっかり確保できれば、ココモ法での失敗はほぼなくなります。
余裕を持ってゲームを続けるためにも、最低限の軍資金と時間はしっかり確保するように心がけてください。

生身のディーラーがいてこそのカジノ

オンラインカジノのライブゲームが人気

オンラインカジノのライブゲームが人気

今人気となっているのがオンラインカジノのライブゲームです。
オンラインカジノのライブゲームは、名前のとおりカジノゲームを生中継のライブで楽しむことが出来るというシステムです。

オンラインカジノのゲームと言うと、コンピュータが相手なので物足りないと感じてしまうこともあります。
しかし、ライブゲームならそういったことを感じることもありません。
ライブゲームなら、生身のディーラーと対戦をすることが出来るので顔が見えて安心できますし、スリルや臨場感を味わうことができます。
また、世界中のプレイヤーと交流をすることが出来るといったメリットもあります。

そこで、ライブゲームについて詳しく見ていきましょう。

ライブゲームとはそもそもどういうもの?

オンラインカジノのライブゲームとは、そもそもどういうものなのでしょうか。
まず、ライブゲームはオンラインカジノにおける画期的なシステムです。
ライブゲームのセンターは主にフィリピンにあり、そちらから生中継が行われています。
ディーラーと直接対戦が出来るので、顔が見えないと不安という方も問題なくプレイができます。

ライブゲームとはそもそもどういうもの?

また、ライブゲームでは、ブラックジャック、ルーレット、そしてバカラなどの人気のゲームで遊べます。
これらのゲームを生のディーラーが進行をして、カードさばきからなにからまで本物が行うのですから、スリルは抜群です。
トランプカードも、そしてルーレットも本物ですので、見ていてもリアル感は抜群です。

ライブゲームは、主にプレイテック系のオンラインカジノで遊べます。
ジパングカジノなどが有名で、日本語対応カジノとなっています。
オンラインカジノを選ぶ際には、評判やサービス、デザインや操作性の良さなど、総合的に判断をして決めましょう。

ライブゲームでベット可能な金額ですが、プレイヤーが普段使っている金額で設定されていることが多く、1~100ドルと100ドル単位で決定されています。
ライブゲームは、ディーラーとコミュニケーションを取ることもできます。
主に文字でのチャットですが、返事をもらうことができます。
日本語が通じることはまれですが、ゲームをする上で特に問題はありません。
その上、他のプレイヤーと交流をすることもできたり、テーブルで盛り上げることもできます。
絞りなどを使うことで、スリル満点になりますし、他のプレイヤー同士でも盛り上がることが出来るのです。

ライブゲームの攻略法について

ライブゲームには、主にブラックジャックやバカラ、そしてルーレットなどで遊べます。
ライブゲームの魅力は、堂々と攻略法を駆使することが出来るので、ペイアウト率が場合によっては100%以上を超えることもあるというのが大きなメリットです。

本場のカジノの場合、攻略法を使っていると追い出されてしまう可能性もあります。
しかし、ライブゲームではディーラーからこちら側は見えませんので、攻略法は使い放題となっています。
例えばブラックジャックではカウンティングを使い、カードを数えておくことができて次に出るカードを予測することもできますし、ルーレットではパーレー法を使って、メモをしながら攻略することもできます。
また、バカラでも、たとえば絞りといったテクニックを使って盛り上げることもできます。

このように必勝法なども使いやすく、メモが取れますのでそれだけ有利になることは間違いありません。

ライブゲームの基本的な流れとは

ライブゲームはプレイするオンラインカジノを選び、リアルモードという有料モードに登録をしましょう。
そして、その後遊びたいゲームを選ぶことができます。
ブラックジャックやルーレット、バカラなどがありますので、その中から好きなものを選び、空いているテーブルを選びましょう。
時にはブラックジャックなど、人気のゲームになればテーブルが満席のこともあります。

テーブルを選ぶと、画面にディーラーが映り、チップを賭けることができます。
ベットエリアでチップを賭ける事が出来るのですが、この際に賭けたいチップをクリックし、そしてチップを賭けます。
クリックするたびにチップが積み上げられていきます。

最後にチップを確認というボタンが右にありますので、これをクリックします。
確認をするまでは、何度もキャンセルが可能となっています。

チップを賭ける際、ゲーム中は賭けることができないので、そのターンは待ってからチップを賭けます。
そして、ターンが終了すればベットも退出も可能です。
退出する際には退出ボタンを押すことになります。

ライブゲームの基本的な流れとは

また、ライブゲームではチップを置かずにチップを確認をクリックすることで、ベットをせずに見ているだけという選択も可能です。
この方法を使えば、他のプレイヤーの攻略を見ていることもできます。
その他にも、ディーラーに自由にチップを渡すことができたりもします。

伝説の実績を誇る攻略法

オンラインカジノの攻略法であるモンテカルロ法とは

オンラインカジノの攻略法であるモンテカルロ法とは

モンテカルロ法は、オンラインカジノ攻略法・必勝法として知られています。

モンテカルロ法は、歴史のある攻略法として知られています。
非常に優秀な投資術として知られ、カジノ以外にも使える必勝攻略法として有名となっています。

モンテカルロ法は、とても有名な攻略法のひとつなのですが、他のマーチンゲール法などの必勝法より少ない賭け金で勝てるやり方となっています。
このため、慣れると少ない資金で大きく勝つことができます。
そこでモンテカルロ法のやり方・注意点についてご紹介をしたいと思います。

モンテカルロ法ってどのような攻略法?

モンテカルロ法は少ない賭け金で勝負することが出来るオンラインカジノの攻略法の一つです。
掛け金を抑えているので、マーチンゲール法のように1度勝てば利益獲得というものではありません。

モンテカルロ法は、何度か勝ち負けを繰り返すことで、最終的に利益を出していくやり方です。
他の必勝法とは違い、モンテカルロ法は3倍以上の配当がもらえるゲームに有効となっています。
また、モンテカルロ法の場合、負けが続いても大きなリスクを背負うことがありません。
そして、賭け金が大きくなりすぎてしまうこともありませんので、心臓に悪くないという特徴もあります。

このように、モンテカルロ法は小さなリスクでコツコツと増やすことができるので、安定して勝ちたいという方におすすめです。

モンテカルロ法は、元々、モナコ公国のカジノを潰したと言われている攻略法です。
本当なのかどうかは定かではありませんが、ギャンブラーには興味を持たれている攻略法の一つとなっています。
モンテカルロ法についてはさまざまな伝説がありますので、ギャンブラーの方はぜひ覚えておくことをおすすめします。

モンテカルロ法の実際の使い方とは?

モンテカルロ法の実際の使い方とは?

モンテカルロ法の実際の使い方ですが、まずは3倍のゲームを選ぶことが必要です。
そして、紙とペンを用意します。

まずは、紙に、123と書いて、両端の1と3を足した数である4を賭けます。
負けてしまった場合には、先程賭けた4を付け足し、そして次は両端の1と4を足した5という数字を今度は賭けることになります。
以降、同じように前回賭けた数を端っこに付け足し、そして両端を足した数を賭けます。
もしも勝った場合には、両端から、2つずつ数字を消します。
数字を消してもなくならない場合は、再び同じように両端を足した単位を賭けます。
数字が一つしか残らずに足すことができなくなるか、もしくは数字が消えてしまった場合には、その時点でモンテカルロ法は終了となります。
その時点で、収益が出ているはずですので、チェックをして見るようにしましょう。

モンテカルロ法はこのように複雑な計算が必要ですので、メモをしながら取り組むことが大切です。
もしも初心者の場合は、一度シミュレーションでお試しプレイで試してみることをおすすめします。

モンテカルロ法のメリットとは

オンラインカジノでモンテカルロ法を使う上で、多くのメリットがあります。

オンラインカジノでモンテカルロ法を使う場合、紙とペンを用いてメモをしながら自分のペースで攻略法を使うことができます。
一般的な本場のカジノなら、周囲の目を気にする必要がありますのでモンテカルロ法は使いにくいですが、オンラインカジノなら十分に自分のペースで楽しめるのが魅力です。

また、モンテカルロ法は、勝ったり負けたりを繰り返しながら最終的に収益を増やす方法です。
このため、負けが続いたとしても、勝ちを目指すことができて、安定しているのがメリットです。

その他にも、モンテカルロ法は少ない金額でも大きく勝つことができて、ロングショットを狙えるのが大きなメリットです。
マーチンゲール法のように、最初に潤沢な資金が必要というわけではありませんので、資金がそれほどない場合も使えるというメリットがあります。

何より、モンテカルロ法は充実感のある使い心地であり、攻略法っぽいという点でもギャンブラーは一度使ってみたい攻略法となります。

モンテカルロ法のデメリットと注意点とは?

モンテカルロ法のデメリットと注意点とは?

モンテカルロ法には、いくつかデメリットがあります。
まず、モンテカルロ法は3倍のゲームで使うことが推奨されていて、2倍のゲームの場合は必ずしも利益が出るとは限らないというデメリットがあります。

それに、モンテカルロ法は少々ややこしいという側面を抱えています。
紙とペンがなければ計算をすることは複雑になりますし、慣れないうちはややこしく集中してゲームをやる必要があります。
また、勝ったり負けたりを繰り返しながら、収益を増やしていくという攻略法になりますので、場合によってはゲームが長引いてしまう可能性があります。
途中で終わることができず、最後まで進める必要がありますので、ゲームが長時間になってしまうこともありますので、注意が必要です。

1 2