オンラインカジノで大勝を目指す

マーチンゲール法

オンラインカジノとマーチンゲール法

これからオンラインカジノなどのギャンブルを楽しもうとするならば、攻略法を身に付けることが大切です。ギャンブルで代表的な攻略法といえば「マーチンゲール法」です。
この手法はオンラインカジノと相性がよく、ゲームを選べば初心者でも簡単に試せます。

マーチンゲール法の概要

「マーチンゲール法」は「ベッティングシステム」の代表格です。現在考案されている「ベッティングシステム」の「ルーツ」と考えてよいでしょう。その特徴はシンプルな「ベットルール」にあります。具体的な手法は、「負けたら倍賭け」です。勝ったら最初から始めればよく、負け続けた場合に倍賭けを続けます。この手法のメリットは、どれだけ連敗を重ねても1回の勝ちで「負け分」をすべて取り戻せる点にありますが、配当が2倍のゲームで利用することが大切であり、勝率が50パーセントの勝負で威力を発揮します。理論上、ぜったいに勝つ攻略法です。
また、「マーチンゲール法」は「ベッティングシステムの一種」であり、現在考案されているほとんどの「ベッティングシステム」が「マーチンゲール法」から編み出されているのです。つまり、「元祖」と考えてよいかもしれません。

対象ゲームのバカラ

マーチンゲール法を活用できるゲームについて

勝負の「勝ち」が重要ですから、「勝ちやすさ」にこだわらなければなりません。そのため、カジノゲームでもっとも勝ちやすいゲームを探しましょう。具体的には、「勝率50パーセント・配当2倍ゲーム」です。このタイプがもっとも勝率の高いゲームとなるはずです。「ルーレット」や「バカラ」「ブラックジャック」が該当します。

マーチンゲール法は完璧か?

先ほど、理論上ぜったいに勝つ、と申しました。「ぜったいに勝つのならば、オンラインカジノで利用すれば、業者が全部潰れてしまいます……」。確かにそうです。しかし、実際には「マーチンゲール法」で必ず勝てるとは限りません。なぜならば、10連敗でもしようものなら、1ドルから始めても11戦目には1024ドルを用意しなければならないのです。つまり、軍資金に余裕がないと、ゲームオーバーとなってしまいます。「10連敗なんて、なかなかないでしょう?」このように考える人がいるでしょう。確率は「0.1パーセント」です。わずかな確率ですが、おこらないとは限りませんよ。また、ベットリミットの問題があります。カジノゲームにはベットできる上限が設定されているのです。これを超えて賭けることができません。もしベットリミットが「200ドル」に設定されていたならば、8連敗した時点で次のベットができません。これでは「完璧」といえません。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法の注意点

理論上、必ず勝てる「マーチンゲール法」ですが、注意しなければならないポイントが存在します。それは、連敗が続くと「ベット額」が高騰する点です。無尽蔵に軍資金を用意できるならば問題ないのですが、そうはいきません。例を挙げましょう。10連敗を喫してしまうと「1ドル」から始めても「1023ドル」の損失です。これを取り戻すためには、「1024ドル」が必要であり、無ければ「マーチンゲール法」を続けられません。軍資金の残高を十分に考慮しなければなりません。また「ベットリミット」も注意してください。これはカジノゲーム毎に設定されているものであり、「ベット」できる上限金額が提示されています。連敗が続いても「ベットリミット」を超えて賭けられませんから、事実上「マーチンゲール法」を続けられないのです。また、「マーチンゲール法」は「ハイリスク・ローリターン」な手法となります。「ベット額の高騰」は大きなリスクであり、これを回避して「勝ち」を収めても利益は「最小単位」です。「1ドル」から始めたのなら、「1回の勝ち」で得られる利益は「わずか1ドル」となります。この点を十分に認識しましょう。

マーチンゲール法のアレンジ

「マーチンゲール法」を何度か試行してください。慣れてきたら、アレンジを加えましょう。具体的には、「オリジナルルール」を加えるのです。「ベットリミット」を考慮して、「5連敗」したら「最初からスタート」などの「ルール」を設定しましょう。「マーチンゲール法」が使いやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です